芭蕉の三つの謎 毎日文化センターで講座

毎日文化センターでは「松尾芭蕉・三つの謎」を10月12日(月)から3回開講します。誰もがその名を知る俳聖・松尾芭蕉ですが、その生涯には秘められた部分も今なお残されています。今回は謎をひもときながら、芭蕉の人物像に迫ります。講師は歌人の林和清さん。

 10月12日=芭蕉には最愛の美青年がいた?▽11月9日=芭蕉の生涯ただ一人の女性とは?▽12月14日=芭蕉の正体は忍者だった?

 いずれも月曜15時~16時半。受講料は3回7590円。予約・問い合わせは毎日文化センター(大阪市北区梅田3、電話06・6346・8700)。

毎日新聞社サイトより転載